« 【厳選過去問/選択式】 H 25‐選択 【健康保険法】 重要度:A | トップページ | 新宿エルタワー本校と千葉本校も、使っていいって! → 水道橋本校も追加! → 【熱烈応援!】渋谷駅前本校と梅田駅前本校は、本日から8月22日(金)まで、社労士本試験受験生のみなさんに、自習室を無料で大解放。なんと、朝から夜遅くまで使えますよ!※受験票のコピーをご提出ください。 »

2014年8月19日 (火)

【厳選過去問/選択式】 H 24‐選択 【健康保険法】 重要度:A

問 次の文中の[   ]の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め,法第160条に照らして完全な文章とせよ。

1 全国健康保険協会が管掌する健康保険の被保険者に関する一般保険料率は,[ A ]の範囲内において,都道府県に設置した各支部の被保険者を単位として[ B ]が決定する。その都道府県単位保険料率は,法に掲げる額に照らし,各事業年度において財政の均衡を保つことができるように設定される。そのため全国健康保険協会は,2年ごとに,[ C ]についての健康保険の事業の収支見通し等を作成し,その結果を公表することになっている。

2 厚生労働大臣は,都道府県単位保険料率が,当該都道府県における[ D ]を図る上で不適当であり,全国健康保険協会が管掌する健康保険事業の健全な運営に支障があると認めるときは,全国健康保険協会に対し,相当の期間を定めて,当該都道府県単位保険料率の変更を申請すべきことを命ずることができる。厚生労働大臣は,全国健康保険協会が上記の期間内に申請をしないときは,[ E ]の議を経て,当該都道府県単位保険料率を変更することができる。

≪選択肢≫
① 1000分の30から1000分の120
② 1000分の30から1000分の164
③ 1000分の60から1000分の90
④ 1000分の60から1000分の120
⑤ 運営委員会
⑥ 健康保険組合との収支の均衡
⑦ 健康保険事業の収支の均衡
⑧ 厚生労働大臣
⑨ 国民健康保険との収支の均衡
⑩ 社会保障審議会
⑪ 全国健康保険協会
⑫ 地方厚生(支)局長
⑬ 中央社会保険医療協議会
⑭ 当該事業年度以降3年間
⑮ 都道府県支部の評議会
⑯ 都道府県の支部長
⑰ 被保険者の家計収入との均衡
⑱ 毎事業年度
⑲ 翌事業年度以降3年間
⑳ 翌事業年度以降5年間

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【解答】

A ①1000分の30から1000分の120
B ⑪全国健康保険協会
C ⑳翌事業年度以降5年間
D ⑦健康保険事業の収支の均衡
E ⑩社会保障審議会

【解説】

本問1は協会けんぽの被保険者に係る一般保険料率,及び協会けんぽにおける収支の見通しに関する問題であり,法160条1項・5項からの出題である。

全国健康保険協会が管掌する健康保険の被保険者に関する一般保険料率は,1000分の30から1000分の120までの範囲内において,支部被保険者を単位として全国健康保険協会が決定する。都道府県単位保険料率は,毎事業年度において財政の均衡を保つことができるものとなるよう算定するものとされているが,そのため,全国健康保険協会は,2年ごとに,翌事業年度以降の5年間についての全国健康保険協会が管掌する健康保険の被保険者数及び総報酬額の見通し並びに保険給付に要する費用の額,保険料の額その他の健康保険事業の収支の見通しを作成し,公表するものとする。

本問2は厚生労働大臣による都道府県単位保険料率の変更に関する問題であり,法160条10項・11項からの出題である。厚生労働大臣は,都道府県単位保険料率が,当該都道府県における健康保険事業の収支の均衡を図る上で不適当であり,全国健康保険協会が管掌する健康保険の事業の健全な運営に支障があると認めるときは,全国健康保険協会に対し,相当の期間を定めて,当該都道府県単位保険料率の変更の認可を申請すべきことを命ずることができる。厚生労働大臣は,全国健康保険協会がこの期間内に申請をしないときは,社会保障審議会の議を経て,当該都道府県単位保険料率を変更することができる。

|

« 【厳選過去問/選択式】 H 25‐選択 【健康保険法】 重要度:A | トップページ | 新宿エルタワー本校と千葉本校も、使っていいって! → 水道橋本校も追加! → 【熱烈応援!】渋谷駅前本校と梅田駅前本校は、本日から8月22日(金)まで、社労士本試験受験生のみなさんに、自習室を無料で大解放。なんと、朝から夜遅くまで使えますよ!※受験票のコピーをご提出ください。 »

厳選過去問≪選択式≫」カテゴリの記事